Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ 11 睡蓮の池

ジヴェルニーでは、専用の駐車場から歩きます

   パリ74


綺麗に整備された通路を通り

   パリ75


ジヴェルニーの街の道路に出ました。

   パリ76


通りの名前は、「クロード・モネ通り」

   パリ77


モネが43歳から、亡くなるまで過ごした家に到着です。

写真の入り口は、個人観光客用で
団体用の入り口は、並ばすに入ることが出来ました。

   パリ78


念願の、モネのお庭に入ります


     パリ82


様々な種類と色のお花が、そこかしこに植えられていました。

   パリ87


季節によって、見られるお花が変化するそうです。
私が行った6月下旬頃は、バラと睡蓮が見られる時期。

   パリ85

 
睡蓮の池が・・・

   パリ83


この池は、モネによって作られた人工のもの。

モネの日本趣味を反映して
柳や竹など、日本的な趣を持った木が植えられ

   パリ84


池には太鼓橋がかかっています。

   パリ79


もちろん、睡蓮も咲いていました

   パリ80


モネの絵が、そのままあるかのようです

   パリ86


モネの絵によく出てくる、太鼓橋はこんな感じ。


とにかく混んでいて、ここに限らず
人が写り込まない写真を撮るのは難しいですね。

   パリ81


次は、モネの邸宅へと向かいます。

関連記事
スポンサーサイト

*Comment

ほぷほぷさんへ 

> 下から三番目の写真は本当にモネの作品のまんまですねぇ!
> 橋も絵でみたことがあるような。。。
ふふふ^^
そんな感じの構図を狙ってみました(笑)

> ということは、43歳までにこのお庭を作らせていたわけですよね!?
> そのころにはもうお金持ちだったんだなぁと(笑)
パトロンもいたようですよ。
ジヴェルニーに移って数年後には、
売れっ子の画家になったようです。
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2013.03/18 11:39分 
  • [Edit]

Yottittiさんへ 

> モネの世界なのですね
> これがあの名作を生んだとは!
お庭自体も、モネの作品なんですよぉ。
とっても美しく、素敵な所でした。

> 竹があったとは・・・びっくりしました
最初の竹の写真は、モネの庭ではなく駐車場の所ですが
モネの庭に合わせて、日本風に竹を植えたんでしょうね。
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2013.03/18 11:25分 
  • [Edit]

Chempakaさんへ 

> モネの作品、そのままの世界がここにありますね!
> ちゃんと睡蓮もあるんですね~~~!

お庭自体も、モネの作品でもあります。
とっても素敵なお庭でした^^

モネ個人の邸宅なので、
たくさんの観光客が来ると、人が入ってしまって
写真を撮るのは難しいですが、仕方ないですねぇ。
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2013.03/18 11:21分 
  • [Edit]

はむこたんさんへ 

> すっごい、はげしく絵になるところですね!!

そうなんです。
たくさんのお花と緑に囲まれて、それだけでも癒されました。
なんにもない田舎ですが、一度は訪れたいところです。
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2013.03/17 12:37分 
  • [Edit]

M@lauaealohaさんへ 

> わー!ジヴェルニーってどんなところだろと思っていたら
> モネのあの睡蓮の池があるところなんですねー!

そうなんです~。冬は閉まってしまうので、
期間限定なんですよぉ。

> ほんと、絵のそのままの風景がいまでもあるなんてビックリ!
モネ財団と10人の庭師が、モネの庭を管理しているそうです。
とても美しい所で、癒されました。
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2013.03/17 12:34分 
  • [Edit]

キュウ親さんへ 

> 本当にモネの絵そのまんまですね~。
そうなんです~。
本当に美しい庭で、モネの最高傑作でした。

> このツアーに参加して、
> その前か後にオランジュリー美術館に行ったら、
> おもしろそうかも~

私は、ブログでは割愛しちゃいましたが
オランジュリーに行ってから行きました。
感動もひとしおです。
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2013.03/17 12:31分 
  • [Edit]

こんにちは! 

ほぷほぷでっす!

たぶん写真で見るの初めてかも。。
素晴らしいですねぇ。
視力が回復しそう(笑)
下から三番目の写真は本当にモネの作品のまんまですねぇ!
橋も絵でみたことがあるような。。。

あとへぇ~と思ったのは・・・・

>モネが43歳から、亡くなるまで過ごした家

ということは、43歳までにこのお庭を作らせていたわけですよね!?
そのころにはもうお金持ちだったんだなぁと(笑)

パリにはもう観光で行くことは少ないと思うけれど、
地方はまだまだ観てみたい魅力的な場所がたくさんあるなぁと思いました!
アヌシーに行きたいです(^Q^)
  • posted by ほぷほぷ 
  • URL 
  • 2013.03/15 19:55分 
  • [Edit]

No title 

モネの世界なのですね
これがあの名作を生んだとは!
竹があったとは・・・びっくりしました
やっぱり名作にはいろいろな要素が入るのがいいのでしょうね
  • posted by Yottitti 
  • URL 
  • 2013.03/12 21:14分 
  • [Edit]

No title 

モネの作品、そのままの世界がここにありますね!
ちゃんと睡蓮もあるんですね~~~!

ま、人気の観光地ですし人の入らない写真を撮るのは
至難の技ですね。僕はこういう時は潔く諦めます(苦笑)

フランスに柳の木かあ~。。。
意外と合うものですねえ~~

chempakaでした!
  • posted by Chempaka 
  • URL 
  • 2013.03/12 00:40分 
  • [Edit]

No title 

すっごい、はげしく絵になるところですね!!
睡蓮の池だけじゃなく
1番最初の写真も、その次の街の道路も。

やっぱり、パリへ行くなら、長期滞在がいいんですね。
  • posted by はむこたん 
  • URL 
  • 2013.03/11 16:22分 
  • [Edit]

No title 

こんにちわ

わー!ジヴェルニーってどんなところだろと思っていたら
モネのあの睡蓮の池があるところなんですねー!
ほんと、絵のそのままの風景がいまでもあるなんてビックリ!
どこを撮っても絵になりそうなのに、どこで撮っても
ひとが写ってしまうのが残念ですね…
  • posted by M@lauaealoha 
  • URL 
  • 2013.03/11 09:57分 
  • [Edit]

No title 

本当にモネの絵そのまんまですね~。

このツアーに参加して、
その前か後にオランジュリー美術館に行ったら、
おもしろそうかも~
  • posted by キュウ親 
  • URL 
  • 2013.03/10 14:03分 
  • [Edit]

ぴきさんへ 

ジベルニーは、パリからだと電車とバスを乗り継いで
1時間半位のところですが、本数が限られているので
j個人で行くと、一日がかりになってしまうようです。

時間の余裕がない時は、半日ツアーで行く方が便利かもしれないです。
私も今回は、半日ツアーに参加しました。

モネの美しい庭は、絵のままの
とても素敵なところでした。
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2013.03/10 13:22分 
  • [Edit]

No title 

こんにちは、

ひえー、夢見たいなところですね。
夏にいったら、すごく気持ち良さそう。
っていうか、絶対行きたくなりました。
なんか、どこにあるかよくわかないけど
行きます!
  • posted by ぴき 
  • URL 
  • 2013.03/08 23:46分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ピー助

Author:ピー助
時折、ヒドイ偏頭痛に襲われるので
更新が滞ることがありますが、お付き合いくださいませ。

最近の記事

右サイドメニュー

参加してます

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

サイト







ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。