Entries

パリ 6 Le cafe Marly ~ ルーブル美術館

ルーブル美術館に、到着しました

   パリ39


カルーゼル凱旋門を通り

   パリ40


お馴染の光景が・・・


   パリ56


ちょっと疲れたので、
リシュリュー翼の回廊にある「ル・カフェ・マルリー」で一休み

有名な空間デザイナーが手掛けたカフェで、
美術館に入らなくても、利用することが出来て、なかなかお勧めです。


   パリ41


さすがに夕方なので、美術館の入り口も空いていて
すんなり入ることが出来ました。

   パリ42


でも、やっぱり人人人・・・。

   パリ43


何度見ても美しい 「サモトラケのニケ」
ミロのヴィーナスより、私は好き

   パリ44


門外不出で、これこそルーブルの至宝なんだそうです

   パリ50


初めて行った時、
ここにあったモナリザは、専用の部屋に移っていて


   パリ51


ものすごい数の観光客に、囲まれていました。
相変わらず、すごい人気ですね。


   パリ52


ヴィジェ・ルブランの自画像。

誰やねんって言われそうですが、ベルバラにも登場する女流画家です。
マリーアントワネットのお気に入りの画家で
王妃は、自画像を彼女に沢山描かせていました。

そしてルブランは、自画像どおりの美人だったそうです。

   パリ54


ドラクロワの有名な絵に・・・

   パリ53


ナポレオン一世の戴冠式

   パリ55


有名な、ジョゼフィーヌに冠を授けるシーン。
とにかく大きな絵画でした。

   パリ45


ルーブルの中にもあった「ARAGOの子午線のメダル」。
ダ・ヴィンチ・コードを読まなかったら、気にも留めなかったかも・・・。


   パリ46


そして、ミロのヴィーナス
意外と体格がよくて・・・腹筋が割れてます


   パリ47


横から見て


   パリ48


後ろ姿・・・やや半ケツ
なんて不謹慎なことを言っては、怒られるかしら


   パリ49


ミロのヴィーナスの近くには、テルマエ・ロマエな方々が沢山いました。

細かく見ていたらキリがない、ルーブル美術館です。
もっと色々あるんですが、
工事していて、入れなかったところも結構ありました。


関連記事
スポンサーサイト

*Comment

美雨さんへ 

> 絵筆を落としてしまったルブラン夫人に、確か「お腹に赤ちゃんがいるのですもの、そのままでいていいのよ」といってアントワネットが自ら筆を拾ってあげるのですよね。

そうでうそうです、そのシーンです。
実話だったみたいですね。
二人は同じ年に生まれたということで、親交があったようです。


ルーブルは、フラッシュさえ焚かなければ、写真撮影がOKなので
思わず撮ってしまいました。

まだまだ行ききれないブースが、いっぱいあるんですが
体力切れで出てきちゃいました。
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2013.01/20 19:37分 
  • [Edit]

Chempakaさんへ 

> 個人的にはエジプトコーナーが良かったです。
私、一度もエジプトコーナーに行けてないんです。
いいのが、あったんですか・・・古代エジプト好きなので残念です。

> 僕もニケ大好きです!スポーツ用品のNIKE!
> マークの形はこの翼の形からヒントを得ているんですよね~
> 勝利の女神!!

そうそう、ナイキのマークですよね!
子供の頃は、ふざけてニケニケとナイキのことを言っていましたが
あながち間違いではなかったのかも~。
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2013.01/20 19:30分 
  • [Edit]

Yottittiさんへ 

> モナリザはすごいですよね
> 絵が小さいので、みんなどかないですよね
小部屋に移ってからは、だいぶ見やすくなりましたが
それでも、すごい数の人でした。

> それにしても大きすぎるルーヴル、見所満載ですね
> 家は上のほうはくたびれて尽きてます
初めて行った時は、長時間立ちっぱなしで
貧血起こしてソファでグッタリしていました。
意外と体力使いますよねー。
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2013.01/20 19:27分 
  • [Edit]

M@lauaealohaさんへ 

> ルーヴルというと、やっぱりダ・ヴィンチ・コードを思い出します。
> あのピラミッドのしたにはマリアさまが埋まっているのかしら…なんて(笑)
ちょっと強引な内容ですけれど、面白い本でしたね。

> ミロのヴィーナスの腹筋には気が付きませんでした!
そうなんです。なんか男っぽいなぁと思っていたら。。。見事な腹筋が。

ロングブレス続いていますか?
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2013.01/20 19:25分 
  • [Edit]

はむこたんさんへ 

> ルーブル美術館て、モナリザしか知らなかったのですが
> 色々有名なものが、いっぱいあるんですね!
細かく見ていたら、本当にキリがないんです。。。
時間がない人には、オルセーとオランジュリーで十分かも・・・。

> しかも、ミロのヴィーナスって
> 腹筋割れてるんですねー。
ちょっと男性的な感じですよねぇ。
ここまでくると・・・。
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2013.01/20 19:20分 
  • [Edit]

キュウ親さんへ 

> すごく鍛えた体だったのですねぇ(笑)!!
私も今になって、ミロのヴィーナスの腹に気づきました。
なんか男っぽいなぁと思っていたら、腹筋が原因でした^^;

> ル・カフェ・マルリー、
> 街中のオープンカフェよりも、
> ちょっと良い雰囲気ですよね~♪
ここで朝食というのも、素敵でしょうねぇ。
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2013.01/20 19:15分 
  • [Edit]

ルブラン夫人! 

ベルばらでも登場しましたね。^^
絵筆を落としてしまったルブラン夫人に、確か「お腹に赤ちゃんがいるのですもの、そのままでいていいのよ」といってアントワネットが自ら筆を拾ってあげるのですよね。
母親になるってどんな気持ちでしょう、と羨ましがる王妃に、慰めのことばをかけるルブラン・・・美しい情景でした。

しかし、場所(ブース)お引越ししたとはいえ、よく写真とれましたね@@
あれだけは、フラッシュに反応して、ブーッと防犯ブザーなっちゃって、学芸員がおっかない顔で飛んできた覚えが・・・(って、自分もやってた。爆)

私は結構小アジアの古代遺跡のブース、特にペルセポリスのコーナー好きでした。^^あの獅子の柱、相当大きいのに、それを一部屋に詰めれちゃうルーブルって、どんだけ大きいんダ!?と、息をのみました。
  • posted by MIUMIU 美雨 
  • URL 
  • 2013.01/19 10:04分 
  • [Edit]

No title 

僕もルーブルは20年前に行ったきり。
相変わらずミロのヴィーナスとかモナリザには
凄い人だかりなんですねえ~~

個人的にはエジプトコーナーが良かったです。
あんまり人がいないので、ミイラに囲まれて何だか
スリル満点でした(笑)

僕もニケ大好きです!スポーツ用品のNIKE!
マークの形はこの翼の形からヒントを得ているんですよね~
勝利の女神!!

chempakaでした!
  • posted by Chempaka 
  • URL 
  • 2013.01/15 22:31分 
  • [Edit]

No title 

ヴィジェ・ルブランは知らなかったですね
今度行く機会があれば、見逃さないようにします
モナリザはすごいですよね
絵が小さいので、みんなどかないですよね

それにしても大きすぎるルーヴル、見所満載ですね
家は上のほうはくたびれて尽きてます
  • posted by Yottitti 
  • URL 
  • 2013.01/15 19:04分 
  • [Edit]

No title 

こんばんわ

ルーヴルというと、やっぱりダ・ヴィンチ・コードを思い出します。
あのピラミッドのしたにはマリアさまが埋まっているのかしら…なんて(笑)

ミロのヴィーナスの腹筋には気が付きませんでした!
わたしも仮面ライダーのような割れ腹筋になりたいんですけどねー。
腹筋つける前に脂肪をなんとかしろって話です…
  • posted by M@lauaealoha 
  • URL 
  • 2013.01/15 17:19分 
  • [Edit]

No title 

ルーブル美術館て、モナリザしか知らなかったのですが
色々有名なものが、いっぱいあるんですね!

しかも、ミロのヴィーナスって
腹筋割れてるんですねー。
私も腹筋割りたいけど、8個はムリ・・・。
  • posted by はむこたん 
  • URL 
  • 2013.01/15 16:50分 
  • [Edit]

No title 

ルーブル、ずっと前に一度行ったきり。
「モナリザ」以外の収蔵品は忘却の彼方でしたが、
ミロのビーナスも、ここにあったのですね~。
テルマエ・ロマエな方々に負けず、
すごく鍛えた体だったのですねぇ(笑)!!

ル・カフェ・マルリー、
街中のオープンカフェよりも、
ちょっと良い雰囲気ですよね~♪
  • posted by キュウ親 
  • URL 
  • 2013.01/15 13:15分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ピー助

Author:ピー助
時折、ヒドイ偏頭痛に襲われるので
更新が滞ることがありますが、お付き合いくださいませ。

最近の記事

右サイドメニュー

参加してます

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

サイト







ブログ内検索

ブロとも申請フォーム