09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

トルコ旅行 ⑩ カッパドキア観光 午後編 

お腹が膨れたところで、
「カイマクル地下都市」に向かいました

岩窟住居なんですが、
アリの巣のように地下へ伸びている地下都市なんです。


      カイマクル1


カッパドキアには、このような地下都市が沢山あり、
歴史は古く、紀元前400年頃の記録にも残っています。

一時は、キリスト教徒が迫害から逃れるため
住んでいたこともあるようです。


      扉


この丸い石は、敵が侵入してきた時に
通路を塞ぐ為に置いてあります。

地下都市の所々に、設置されていました。


      カイマクル2


狭いうえに、急な坂道を登ったり降りたり・・・
かがんで歩いたり・・・まるで迷路です

地下8階まであるんですが、
現在は地下5階まで見学が可能です。


         2520.jpg


通路の両サイドに、小部屋があり
厨房・食堂・礼拝堂・食糧庫などがありました。


      すり鉢


 この石は、すり鉢です。
色んな種類のスパイスとか、砕いていたんでしょうか


      カイマクル3


所々に、通気孔?がポッカリあいているので
歩く時は、気をつけなくてはなりません。


通路が狭いので、
大渋滞しながらの見学で、写真はあまり撮れなかった

それにしても、5000人以上の人が住んでいたとは…。
息苦しくなかったんでしょうか





一方、こちらは「チャウシン」という廃村です。
参考のためにと、ガイドさんが連れて行ってくれました。

カッパドキアで一番古い村と言われ、
5世紀のヒッタイトの時代に出来た村だそうです。


      2546.jpg


こちらは、なんと50年前まで住居として使われていました。


      2545.jpg


岩の浸食や崩壊の危険があるので、住むことは禁止され
住民は近くに移住したそうです。

関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: トルコ 2010

テーマ: 海外旅行記 - ジャンル: 旅行

[edit]

« あこべる  |  トルコ旅行 ⑨ カッパドキア観光 ランチ編 »

コメント

美雨さんへ

すりこぎ石、4人掛けのダイニングテーブルぐらい大きいんです。
カーネルサンダースのお人形でも、横に置いてみたくなりました~。


固定資産税、どうなんでしょうネ^^
ただ、洞窟ホテルや洞窟レストランがあるように、
まだ一部の方は、洞窟住居に住んでいるようです。

ガイドさんの話では、
だんだんと普通の住居に移り住み、洞窟住居の価格が下がったらしいのですが、
外国人に人気が出てきて、価格が高くなっているそうです。

不動産売買の対象に、なっているみたいですね。。

ピー助 #- | URL
2010/08/08 11:51 * edit *

すりこぎ鉢

鉢ならぬ、すりこぎ石?
すごいですね。
この穴の数をみたら、何種類のスパイスをつぶしたり調合したりしたんでしょう。カーネルサンダースもびっくりのおいしいフレーバーが生まれたことでしょうね。(笑)
自然にそこにあるものを生活にぽんと使っちゃうって本当にすごい智恵というかお金いらずでいいですね。家も、調理器具(?)も。(笑)ちなみにここに住んでたひと達って固定資産税とかどうなったんでしょう??笑

美雨 #- | URL
2010/08/07 17:22 * edit *

sakiちゃんさんへ

こんにちは。
地下都市は、迷路のようになっていて、迷子にならないよう
見学できる所は限られているんです。
ここでの生活、一日でギブアップかも…。

廃村、日本だったら心霊スポットになりそうですが、
ここは明るい感じでした(笑)

ピー助 #- | URL
2010/08/07 10:00 * edit *

こんばんは

地下都市って言葉だけでミステリアスな感じですね・・
そうか! 迫害を受けることのないように隠れ家的な存在だったんですね! 納得!!

実際にはどのくらいの広さがあるのかわかりませんが、
5000人以上も住んでいたのであると、当時は大変だったでしょうね・・ かがんで歩く・・見学するだけでもストレスも溜まりそうですもん!!

廃村・・でもこれだけで名所になりそうな場所です。
いつまでも残して欲しいですね・・
50年前までって驚きです!

sakiちゃん #- | URL
2010/08/05 23:10 * edit *

美雨さんへ

チャウシン村では、トルコ絨毯を敷き詰めて、
木の家具を置いたところを想像したら
今でも住めそうな気がしました。。

1960年代まで住んでいたなんて・・・、本当にびっくりです。

ピー助 #- | URL
2010/08/05 14:05 * edit *

洞窟ハウス

「カイマクル地下都市」
すごい!
感動です。自然の造形が一番摩訶不思議で芸術的だといいますが、本当なんですね。
理屈なしに感動します。
また、ここまで訪れてしっかり取材をされたぴー助さんも素晴らしいと思います。ぴーさんの感動がひしひしと伝わってきましたよ。(*^_^*)
本当に半世紀前までここに人が住んでいたなんて驚異ですね。柱に描かれたお花がなんともいえないです。

美雨 #- | URL
2010/08/04 00:22 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://takochama.blog71.fc2.com/tb.php/153-6a088fe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント