Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ旅行 ⑧ カッパドキア観光 午前編


気球ツアーの後は、ホテルに戻り、朝食。
今度は、地上からの観光に出発です



      野外博物館


ギョレメ屋外博物館に、向かいました。


4世紀頃から、
キリスト教の修道士達が、洞窟を掘って住み始め
外敵から身を守りながら、信仰を守り続けてきた所です。


      野外博物館2


敷地内には、30以上の岩窟教会があって
保存状態のいい教会では、フレスコ画を見ることが出来ます。


      壁画


フラッシュ禁止なので、露出だとか
いくら頑張っても、私のデジカメでは限界みたい・・・

保存状態の良いフレスコ画は、12~13世紀のものだそうです。


      壁画2


パソコンの画面を、思いっきり明るくして見てくださいね


キリストを始め、人の顔が削られているのは、
その後に侵入してきた、イスラム教徒たちの手に寄るものです。

トルコの古い歴史を感じます。。


      暗闇の教会


一番保存状態がいいのは、カランルク・キリセ(暗闇の教会)です。
光が入ってこないため、色も綺麗に残っています。

たまたま絵も破壊されなかったようです。


この写真だけ、誤ってフラッシュを焚いてしまいました


      野外博物館3


正直、似たり寄ったりの岩窟教会の内部ですので、
代表的なのを見るだけで十分だと思います。


      セレモニー


たまたま、観光シーズンが始まった日だったようで
入口近くで、式典が行われていました。


      馬


カッパドキアとは、「美しい馬の地」という意味

式典のためなのか、観光用なのか分かりませんが
出入り口に馬が並んでいました。


         トカルキリセ


こちらは、トカル・キリセ
ギョレメ屋外博物館の入口そばにあります。


      教会


この辺りの教会では
一番広くて、青のフレスコ画がキレイです。



ランチに向かう途中に


      鳩の谷


ギョレメ・パノラマに、向かいました


      ギョレメパノラマ


「たけのこの里」みたいな岩がニョキニョキ


      ギョレメパノラマ2


遠くを見ると、こんな感じ。


      ギョレメパノラマ3



ランチの前に、もう一つ寄りました。

「ウチヒサル」 です。


      ウチヒサル2


「尖った砦」という意味の、
大きな一枚岩の城塞が中心の村。

手前には、お土産屋さんが並んでいます。


      ウチヒサル


アップで見ると、こんな感じ。

岩の表面の穴は、鳩の家と呼ばれる鳩の巣で、
住民は鳩の糞を集め、痩せた土地に肥料として役立てていたそうです


      ウチヒサル3

別の角度のウチヒサル

城塞の周囲には、たくさんの家々がありました

関連記事
スポンサーサイト

*Comment

こりきちさんへ 

はじめまして。
ご訪問ありがとうございます。
私も、ちょくちょくブログに訪問させて頂いている
こりきちさんですよね。。きっと^^

カッパドキア、独特な風景と歴史があるので
自然好き、歴史好きな方にはオススメです。

世界史は、学生時代には
さらっとしか勉強していなかったのですが、
ちょっと知った気分になりました。
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2010.08/01 14:01分 
  • [Edit]

NoTitle 

はじめまして。こりきちと申します。
カッパドキアって凄い山並みなんですね。
一度は訪れたいと思っているんですが、
まだいけずじまいです。
また遊びに来ます!
  • posted by こりきち 
  • URL 
  • 2010.07/31 11:03分 
  • [Edit]

sakiちゃんさんへ 

こんばんは。
自然の造形って、面白いですよね。
まだまだ世界には、見てみたい場所がいっぱいです。

自然に触れ合うのは気持ちいいけれど、
ブンブンでは勘弁ですね(笑)
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2010.07/26 22:00分 
  • [Edit]

ほおおおぉ~ 

こんばんは!これが良く見るカッパドキアですよね!
空中散歩とはまた違った角度からみれて・・幻想的・・
自然が造ったものってなんでこれ程惹かれるのですかね??

フレスコ画も見れれのですか!!初めて知りました!!
実際にみたらその場を動きたくない気持ちになりそうですね・・
フラッシュ思わず・・ですね(笑)

ウチヒサルって初めて聞きましたが、ここもすごく不思議&魅力的!! 人が住んでいるのも、驚きですが・・素敵ですね!!この家から見える景色はどんな感じでしょうね??
  • posted by sakiちゃん 
  • URL 
  • 2010.07/22 23:29分 
  • [Edit]

美雨さんへ 

そうそう!バベルみたいです。
どっかで見たような感じ・・・と思っていましたが、やっと解りました(笑)

アララト山は、トルコのずっと東の方でイランとの国境近くにあります。
箱舟が埋まっていると言われている場所の、科学的根拠は認められていないんですが、
ロマンはありますよね。。

フレーバーティーの件、ありがとうございます。
パッケージも可愛いですね。
ぜひぜひ飲んでみたいと思います。。
  • posted by ピー助 
  • URL 
  • 2010.07/22 10:27分 
  • [Edit]

カッパドキア 

空の旅も圧巻ですが、地上の旅も奥深いですね。

鳩の家・・・まるでブリューゲルの描いたバベルの都市みたいですね。でも、そんな由来があるなんて・・・驚きです。
ノア伝説に出てくるアララト山もほんとうはトルコにあったと言われてますし、案外そうかもしれませんね、これだけ不思議で神秘的な土地ですものね。
たけのこの里、爆笑でした。大真面目で見入っていたのに。(爆)

ロイヤルコペンのコメント、ありがとうございました。
レス、こちらで返させていただきますね(*^_^*)

ぴーさんもロイヤルコペンお好きですか、嬉しいです。
紅茶のお教室にも通ってたなんて、本格的ですね(^O^)

>これらの紅茶は、どこで手に入るのでしょうか

私の画面の紅茶をクリックしていただければ、そこから買えると思います。
料理家の橘カオルさんも「フォションよりおいしい」と絶賛したフレーバーティーで、美雨も大のお気に入りです。お茶菓子がないときでも、あのフルーツともフローラルともいえるなんともいえない香りが、立派なお茶菓子の替わりを果たしてくれるような・・・。本当に、いつ誰に出しても喜ばれます。ぜひお試しください。(^_-)-☆飲んだらぴーすけさんの感想も是非ききたいです。そのときはこの素晴らしいロイヤルコペンのフルレースで♪
ぽち
  • posted by 美雨 
  • URL 
  • 2010.07/19 14:00分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ピー助

Author:ピー助
時折、ヒドイ偏頭痛に襲われるので
更新が滞ることがありますが、お付き合いくださいませ。

最近の記事

右サイドメニュー

参加してます

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

サイト







ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。