Entries

ホーチミンとアンコールワット 女一人旅 その11

ホテルでだらだらするのも勿体無いので、「何しようー?」と思って外に出たら
ツアーで一緒だった方達と会い、一緒に行動させて頂くことに。


ますはトゥクトゥクに乗り、キリングフィールドへ。
読んで字のごとく、ポルポト政権時代の処刑場です。

ここに足を踏み入れた途端、すごくゾーっとしました。
まったく霊感はないんですけどね・・

慰霊塔は、ガラス張りのところから、たくさんの遺骨を見ることが出来ます。

ここでは、カメラを構えるものの、
シャッターを押す気がしなくて撮っていません。

カンボジアの悲しい歴史を感じることが出来ました


あまり長居をする所でもなかったので、
学校のための寄付をした後、戦争博物館へ。


22_022_convert_20080510195732_convert_20080510200021.jpg   22_020_convert_20080510195929_convert_20080510200037.jpg

                               地雷注意の看板


博物館といっても、戦車や地雷などが野ざらしに置いてあるだけで、
元兵士の方がいろいろと説明してくれます。
ここでは、地雷撤去などの寄付をしました。


その後はバーストリートに戻り、軽く食事をした後、
ホテルで荷物を受け取り、お迎えのバスに乗って空港へ
この辺は、時間がなくバタバタしてて、写真を撮り損ねました。

     22_031_convert_20080503204728.jpg

空港への国道ですが、こんな感じで寂しいです。


シェムリアップの空港のチェックインは、すっごく時間がかかります。
余裕を持って行かれることを、オススメします
私は1時間近く待たされました


ーーーーーーーーーーーー


ホーチミン経由で帰国

     22_023_convert_20080510195847.jpg


ホーチミン空港のカフェ

     22_convert_20080608133756.jpg

グラスがお洒落です


シェムリアップは、思った以上に治安もよく
「完全一人旅でも良かったかなー」と、今では思います。

街はとっても小さいので、フリーは半日もあれば十分でした。

ガイドを付けないと危ない所にある遺跡もあるようですが、
私が行った範囲は、常識のある行動をする限り
女性一人でも大丈夫のようです




関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ピー助

Author:ピー助
時折、ヒドイ偏頭痛に襲われるので
更新が滞ることがありますが、お付き合いくださいませ。

最近の記事

右サイドメニュー

参加してます

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

サイト







ブログ内検索

ブロとも申請フォーム