09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

高尾山 その3 

高尾山から下山する前に


      高尾山26


が、食べたがっていた「天狗焼」


      高尾山28


黒豆の餡で、甘さ控えめなんです

      
      高尾山27


一度に作られる量が少ないので、1時間近く並びました。


      高尾山29


烏天狗の顔が、カッパみたいで可愛いですが
1時間も並ぶのは、キツイですよねぇ

でも皮がパリっとしていて、甘すぎず
餡子タップリで は、かなり気にいったようです。


      高尾山31


下山して、麓のお蕎麦屋さんで
とろろ蕎麦を頂きました。

本当は、とろろご飯が希望だったんですが
ご飯ものは、完売ですってぇーーー


      高尾山32


は、プラス天ぷらとビール





せっかく来たので


      高尾山33


近くにある 「トリックアート美術館」に向かいました


      高尾山45


錯覚を利用した絵となどが、色々あって。。


         高尾山46

この男の子と女の子は、可愛いかったです。
写真だと解りにくいですが、飛び出して見えました。


      高尾山36


所々、床にはこんな絵が描かれていて
触ってみたけれど、当然平面で・・・


      高尾山41


この絵の前では


      高尾山42
   

一応、こんなことをしてみました。


      高尾山44


このお部屋を2階から見下ろすと
雲に浮いているみたい


     高尾山43


他のお部屋も、こんな感じに見えました。
上手く出来ていますね


      高尾山34


これは、どう見ても絵なんだけど・・・穴があったので


      高尾山35


落ちてみた





カバさんが、泳いでいたので


      高尾山37


乗ってみた


      高尾山39


鉄砲魚が、絵から飛び出しているように見えるぅ。


      高尾山40


撃たれてみた


     高尾山38

そして、クジラにキスされたぁ


他にも色々ありましたが
子供がいたり、童心に帰れる人向けです。

私だったら、高校生までかなぁ。
いまいち、童心に帰れず・・・

関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 高尾山 2011

テーマ: 東京・多摩地域 - ジャンル: 地域情報

[edit]

秋の味覚♪ 

丹波篠山から、秋の味覚が届きました~


      松茸

      
毎年恒例ですが
もちろん実家が頂いたものの、お裾分け。
我が家で買うなんて・・・とてもとても


とりあえず、一本目は炊き込みご飯です


      松茸2


京都の菊乃井さんのレシピがあったので
それでやってみました。


      松茸3


後は、炊飯器におまかせ


      松茸4


松茸に限らず、炊き込みご飯って
ついつい沢山食べちゃうんですよね~。

たいへん、美味しゅうございました

関連記事

カテゴリ: 日記

テーマ: ☆我が家の晩御飯☆ - ジャンル: グルメ

[edit]

高尾山 その2 

都心の景色を遠くに眺めながら、テクテク歩きます


      高尾山10


東京スカイツリーも見えるそうですねぇ。
そこまでじっくり見ませんでしたけど・・・・。


         たこ杉


樹齢450年の 「たこ杉」
写真では、わかりませんが、タコの足のように根がウネウネしています。

以前は、フェンスはなかったんですけれど、
みんなが触るからでしょうか?保護のために付けられたみたい。


         ひっぱり蛸


その代わりでしょうか?
以前はなかった 「ひっぱり蛸」 が、隣に設置されていて
みんなに 頭を撫でまわされていました

もちろん、私もナデナデ


      浄心門


さらに歩いて 「浄心門」を通ります


      高尾山14


さらにさらに、真っすぐ歩いて行くと


      高尾山11


分岐点に到着。
左が 「男坂」で、右が 「女坂」です。


      高尾山12


男らしく 男坂を選択


      高尾山13


男坂には、 「百八段階段」 が待ち構えていました


つま先立ちで登れば、足首が引き締まると思って
頑張ったのがいけなかった。

翌日は、足首よりお尻が痛くて痛くて・・・



一方・・・

 「ホントに108段だったよ。」

旦那は、数えながら上がったみたい。


      高尾山16


やっと 「四天王門」 に到着。
まだ、門です


         高尾山18


四天王のうちの2体が、こちらです。


         高尾山17


全部載せるのは、大変なので・・・
他の二体の四天王様、ごめんなさい


         高尾山19


「六根清浄 石ぐるま」
石ぐるまを回しながら懺悔して、心清らかに新たなスタートをするもの。

私もクルクル回しました。


      高尾山20


高尾山のある八王子市といえば
サブちゃんの豪邸があるところですね~

こんなポスターが貼ってありました。


            高尾山24


ご本堂へと続く 「仁王門」 には、小天狗(別名:烏天狗)


            高尾山23


大天狗

高尾山といえば天狗。
御本尊様に従いお護りする随身だそうです


      高尾山21


やっとこさ、ご本堂に到着しました。
薬王院は、744年に聖武天皇の勅令により
東国鎮守の祈願寺として開山したそうです。

さらに古来から、修験道の場でもあって
一般の方も、申し込めば滝修行も出来ます。

こちらで、しっかりお参り


      高尾山22


ご本堂の左奥にある、神社も・・・


         高尾山25


弁天堂もあって、洞窟?の中で またまたお参り。。。

かなり天井が低いので、ちょっと気をゆるんだ時に
頭をぶつけちゃいましたぁ

関連記事

カテゴリ: 高尾山 2011

テーマ: 東京・多摩地域 - ジャンル: 地域情報

[edit]

高尾山 その1 

週末、東京都八王子市にある 高尾山 に行ってきました。
数年前は、週末でもそんなに混んでいなかったんですけれど


      高尾山5


ミシュラン効果か?テレビの効果か?
年間の登山者数は世界一だそうで、ものすごい混みっぷりでした


      高尾山4


山のふもと付近には、お饅頭屋さんやお蕎麦屋さんがズラリ。


      高尾山6


ケーブルカーは、40分待ちと聞いて
上まで歩いて登ることにしました。


         高尾山3


一番楽な、1号路で頑張ります


      高尾山


最初は楽勝って思ってたんですが、途中でバテバテに


         高尾山2


台風の影響で、一部崩れていたり
太い木が折れていたり・・・この間の台風の凄さを感じます

整備が終わっていなくて、
まだ閉鎖されている登山コースもありました。



      P1000990.jpg


なんとか頑張って、ケーブルカーの高尾山駅まで到着


私が縁石に座って、一休みしている間に
旦那は、食べたかったという 「三福だんご」 のために
上の写真の列に並びに行きました。


      高尾山9


炭火で焼かれているお餅達


      P1000993.jpg


三福だんごの三福(みつふく)とは、「大福」「幸福」「裕福」のこと。
食べちゃうゾーーーーー

くるみ味噌が甘すぎず、しょっぱ過ぎず
お蔭で、元気が出ましたぁ


次は、薬王院へ向かいます。


関連記事

カテゴリ: 高尾山 2011

テーマ: 日帰りお出かけ - ジャンル: 旅行

[edit]

韓律 高潔津液エッセンス と アイ・リップクリーム 

アモーレパシフィックの化粧品ブランドで
「雪花秀」 の妹ブランド 「韓律(ハンユル)」

こちらが、ソウルで購入した 「高潔津液エッセンス」 です。


         韓律2


そして、同じシリーズの 「アイ・リップクリーム」


      韓律1


高麗人参の抽出液など韓方が入っているので、香りも韓方薬系で
「なんだか、効くぞー」 という気分にさせてくれます

実際に、効き目もある気がしています。
「雪花秀」 シリーズも好きだけど、こっちもいいかも~。

香りは持続しないので、心配ありません


写真のものは、2年前に購入したものなので
現在は、パッケージデザインが変わっているようです。



韓国は日本より空気が乾燥しているので、
保湿と体を温めるということを、伝統的に重視しているみたい。

韓国コスメは保湿に関しては、日本のものよりも効き目が高いと思います。
特にお化粧水だけで、かなりしっとりする物が多いです。

ただ、美白に関しては
日本の方が勝っているというのが、私の個人的な感想です。

両方を上手く使い分けられたら、理想的かな~


関連記事

カテゴリ: ソウル ~2009

テーマ: 韓国旅行 - ジャンル: 旅行

[edit]

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント