10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

トルコ旅行 22 トプカプ宮殿 

ブルーモスクの後は、トプカプ宮殿に向かいます


チケット売り場で、大柄なおじさんに「チケット代、高いね。」 と、
流暢な日本語で声を掛けられましたが

係員なのか、怪しい人なのか解らなかったので
「そうですね」 と、流して歩きました


      トプカプ1


表敬の門から入ります。

遊園地のゲートみたいですが
16世紀に建てられたものです。

当時は、このメルヘンチックな門の前で
罪人の斬首刑が行われていました


      ハレム回廊


まずは、ハレムに。


      トイレ


大理石のトイレ
蛇口が金ピカです


      暖炉


こちらは、お部屋に付いている暖炉


      扉


壁も天井もモザイクがびっしりなんですが、
一番目を奪われたのは、窓の扉でした。


      螺鈿


写真では、うまく伝わらないけれど
とても美しい螺鈿細工です

思わず、なでなで


      人形


当時を再現する人形が置かれていました。
真ん中の女性がスルタンの母で、ハレムの最高権力者です。


      大広間2


スルタンの大広間
ここで、宴を開いていました


      大広間


スルタンの玉座 
玉座の脇にある鏡は、避難用の隠し扉になっています。


      王太子


ここは確か 王太子の間 だったような。。。
もう写真を見ても、なにがなんだか・・・


       王太子2


ステンドグラスが、とても美しかったです


      モザイク3


ここは、なんでしょう どこでしょう


      モザイク


とにかくモザイクだらけで、
日本の侘び寂びの世界とは、かけ離れていて興味深いです。


      モザイク4


タイルの間 
って全部じゃない?!

赤はサンゴ、黄はサフラン、青はコバルトが原料で
すべて手書きで書かれています。


     回廊


回廊を出ると、スルタンの母と4人の妻以外の
その他大勢の寵妃達のお部屋。


      妾


紫禁城もそうでしたが、こういうお部屋って結構狭いですね。。
ハレムでも、大奥のような熾烈な争いが繰り広げられました


      テラス


寵妃達のお部屋の前には、「愛妾のテラス」 があり
ボスボラス海峡が望めます。

自由に外出できない彼女達は、ここで何を思ったのでしょう。
籠の中の鳥で、なんだか可哀想です


      門


ハレムを出て、こちらは「幸福の門」

右側にハイライトの宝物館があるんですが、撮影禁止なのでこちらをご覧下さい。

重さ3kgの世界最大のエメラルドで有名な 「トプカプの短剣」
86カラットのダイヤの 「スプーン職人のダイヤモンド 」 など、
いろいろな宝物がありました。


私は、「スプーン職人のダイヤモンド」 に釘付け


      会議


こちらは 「会議の間」 で、重要な会議が行われていました。
スルタンは、格子状の窓から会議の様子を覗いていたそうです。


      会議2


格子から覗かれるなんて、ちょっと怖いですねぇ。


      会議3


相変わらず天井まで、ビッシリ飾られています。


      門


出口に向かうため、表敬の門 を通ると、物凄い数の観光客。
早めに来て良かった。


      出口


出口からは、遠くにブルーモスクが見えます。


「さぁ、次の所」 と思っていたら・・・


「トプカプ宮殿どうでしたか?」

振り向くと、入る時に声を掛けられた
大柄のおじさん再登場


すぐピンと来て…

「これから、どこに行くんですか~?」
という声を無視して、足早に次を目指しました。

競歩 競歩


帰国して、ネットで検索したら
色んな方のブログに登場する、名物の客引きさんでした。

某有名企業や学会の通訳で同行しているだのと、言っているらしい。

あまりしつこくなく、これから行くところなど
丁寧に教えてくれて、ただの良い人で終わっていたり、
絨毯屋まで連れて行かれたり、人それぞれみたいですね。


まぁ、気を付けるに越したことはありません

関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: トルコ 2010

テーマ: 海外旅行 - ジャンル: 旅行

[edit]

カフェ & キッチン 林 

東急大井町線と、目黒線が通っている
大岡山駅 から歩いて3分ほど


         hayashi.jpg


時々、雑誌やテレビで紹介されている
『キッチン & カフェ 林』 があります。


気になっていたものの、なかなかタイミングが合わなくて・・・
やっと、ランチで利用出来ました


         hayashi2.jpg


キノコに、鴨のひき肉を詰めたもの


他に、ハンバーグやハヤシライスがあって惹かれたんですが
ハワイから帰って、しばらくハンバーグとかは・・・

次回に食べてみようかなぁ。


町の洋食屋さんの部類に入ると思うんですが、
盛り付けを始め、色んなことに丁寧で
洋食屋さんというには、なんだか申し訳ない感じがしました

関連記事

カテゴリ: 食べ歩き

テーマ: こんな店に行ってきました - ジャンル: グルメ

[edit]

羽田空港 国際線ターミナル 

トルコ旅行がまだ終わってないんですが
羽田に行ったので、先にこちらを・・・。


     羽田1


当然ながら、新しいので気持ちいいです
特にお手洗い等は、そう感じちゃいますよね。


      羽田2


便数が少ないからか、こじんまりしていました。


      羽田4


日本を意識した飾り・・・


      羽田3


よくテレビで放送されている、お食事やお土産屋さんがあるところ。
国技館のお茶屋さんみたいな雰囲気です。

ちょっと天井が低くて圧迫感がありました。




和食系は、どこも満席。。。
おでん屋さんに惹かれたんですが、残念です


一番長蛇の列だったのが、ラーメン屋さんでした。
今のうちに食べておきたい気持ちは、よ~くわかります


      チャンピオン


結局、並ばずに入れたのが こちらのお店。


      カルビ丼


私のフライトの時間に、そう余裕がなかったので
二人とも、焼肉ビビンバ重にしました。

とても美味しかったです
辛い物が苦手な私でも、ここのキムチは食べやすかった。


      羽田6


食後は、
イベントスペースの隣を上がって、展望デッキへ


      展望2


人が少なくて、ゆったりしています。


      展望1


椅子とテーブルがあるので
寒くなかったら、ここでのんびりするのもいいかも。


      展望4


遠くに横切るのは、着陸したJAL機です


      展望3


手前の飛行機は、旦那様がこれから乗るもの。


今回は、私がJAL
旦那はANAで、別々の便で行きます

貯めているマイレージが、お互い違うのと
今年の我が家は不景気な上、
病院の治療費が想像以上に掛かってしまい、仕方ないのです

というわけで、空港でお別れして
現地のホテルで待ち合わせでございます。


      羽田5


外国人向けのお土産を買おうと思ったら、
なんと9時に閉まってしまいました

まだ、夜中までフライトがあるのに・・・。


仕方ないので、空いているお店で購入。
しょぼいお土産で、お友達には申し訳ない


プラネタリウムのカフェは、入りませんでした。
次回のお楽しみにとっておきます。
関連記事

カテゴリ: オアフ島 2010

テーマ: 海外旅行 - ジャンル: 旅行

[edit]

機内での保湿対策 結果報告 

前述の保湿対策の結果です


ホノルルは、ヨーロッパほど遠くないから・・・
なんて、甘く見てました。

乳液を浸したコットンを3枚くらいにしていたら
効果は、全くなしでした

やっぱり、5枚は必要みたいです。



で、帰国の際は方法を変更


コットンに浸す手間が面倒だったので
ソウルで貰った試供品の乳液のボトルと
コットンで、とにかくタップリ使用。

ファンデを落とす感じで、何回か繰り返しました・・・。
大体ファンデが落ちた後は、お肌に入れ込んで。。。


結果は、乾燥してなかったです
長距離路線だと、お肌に入れ込む作業を
時々、繰り返せばいいのかな。。

ただ、トイレに行って顔をみたら
笑っちゃうくらいテッカテカ


夜着だったし、家に帰るだけなので
このまま、テッカテカの仏像状態で帰りました

本当は、メイク落としシートを使えばいいのですが、
以前、顔がカブれてしまったので・・・。

この方法で、次の機会もトライしてみます。
新たな良い方法がありましたら、是非教えてください

関連記事

カテゴリ: 日記

テーマ: スキンケア&コスメ - ジャンル: ファッション・ブランド

[edit]

機内での保湿対策 

飛行機内の乾燥って、スゴイですよね。

マスクしていても、乾燥しすぎて
鼻の中が痛くなったりします


お肌の乾燥対策に、ソウルで買ったシートパックをしたり
あの手この手を試していますが、
これ! というのが見つかりません



先日のテレビで、美容家の方のオススメが。。

お化粧水より、乳液
コットンに、乳液を浸した物を5枚用意する
1枚はお肌の汚れ落とし、次の1枚は保湿、首や腕にも使っちゃう


普段、乳液は使わないのですが、
思わず買っちゃいました

トライしてみます

関連記事

カテゴリ: 日記

テーマ: 旅の情報・準備 - ジャンル: 旅行

[edit]

オアフ島 

明日の夜から、約5年ぶりのオアフです
随分変わっているみたいで、浦島ピー助です。


一方の旦那様は、初ハワイ

最初は、ゴルフをしようと思っていましたが
日程が短いので、今回は辞めました




 「マラサダ美味そう」
 「ただの揚げパンだよ」

 「エッグスン・シングスで、生クリーム山盛りのパンケーキ食べた~い」
 「期待するほどじゃないよ。」

 「俺にも、体験させてくれよぉーーー」


可哀想なので、いくつか妥協することになりそう



新しい羽田のターミナルは、ちょっと楽しみ。
ちょっと早めにいって、見て回ろうかな

関連記事

カテゴリ: オアフ島 2010

テーマ: ハワイ - ジャンル: 旅行

[edit]

トルコ旅行 21 ブルーモスク 

イスタンブール最後日。
ホテルで朝食後、 「ブルーモスク」 に向かいました。


      IMG_2726.jpg


正式名称は 「スルタンアフメット・ジャミイ」
17世紀初頭の建物です。


      IMG_2715.jpg


中庭に、身を清めるための泉亭


         IMG_2720.jpg


ステンドグラスと彩色タイルが美しいのです


      IMG_2719.jpg


青を主体としたイズニックタイルは、2万枚以上使用。
とにかく、どこを見ても美しい装飾

気が遠くなるような作業だったでしょうねぇ。


      IMG_2716.jpg


宗教問わず、こういったお祈りの施設は
厳かで美しく、独特な雰囲気があります。


      IMG_2724.jpg


入り口で靴を脱いで、この出口で履くんですが
足の裏が黒く汚れるので、靴下を持参した方がいいです


      IMG_2713.jpg


現在もモスクとして使用されているので、
お祈りの時間は見学が出来ません。

でも、外せません

関連記事

カテゴリ: トルコ 2010

テーマ: トルコ旅行 - ジャンル: 旅行

[edit]

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント