03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

ホーチミンとアンコールワット 女一人旅 その5 

午後は、念願のアンコールワット
ヒンドゥー教の寺院です。

     22_006_convert_20080424192855.jpg


午前行ったバイヨンのすぐ近くにあり、
外側はお堀に囲まれています。

     22_018_convert_20080424193726.jpg


雨季だったので聖池に水が溜まって
そこに寺院が映るので、乾季よりオススメです

     22_020_convert_20080424195227.jpg

     
残念ながら霧雨が降ってしまい、水面がぼやけてしましました。


寺院内の回廊には、物語が壁に彫られていて
なかなか良かったけれど、 すっごい混雑でゆっくり見られなかった

ただガイドさんがいたので、
壁画の意味がわかりやすくて良かったです。

     22_017_convert_20080424192834.jpg


これはただの回廊 


10月から第三回廊  に登れなくなってしまったのが、かなりショック 
この回廊を登るために 、ネイルサロンで爪を短くして貰ったのに・・・。

     22_024_convert_20080424193917.jpg


どうやら、ここの急な階段から
旅行者が 落ちてしまったのが原因らしい

     639815086_122_convert_20080424195810.jpg


後ろ髪を引かれる思いで、アンコールワットを後に


夕方、アンコールワット近くのプノンバケンという丘に。
ここから夕日をみるのです
   
     22_026_convert_20080424193946.jpg


15分くらい山道をのぼり、
頂上付近から遺跡の階段を よじ登ります。

残念ながら、曇っていて夕焼けは拝めませんでした

     639815086_8_convert_20080417192134.jpg


でもちょこっとアンコールワットの先端が見えました。



関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: ホーチミン&アンコールワット 2007

テーマ: 一人旅 - ジャンル: 旅行

[edit]

ホーチミンとアンコールワット 女一人旅 その4 

カンボジアは治安が不安だったので、ツアー参加にしました。


朝ホテルを出て、ツアーバスはアンコールトムの中にある
バイヨン寺院に向かいます


明るい時間で初めて見るホテル周辺の道は、かなり衝撃的 !

     22_069_convert_20080423201429.jpg
     

これって舗装されてるっていうの?
最終日、一人で歩いて大丈夫?
どへぇー、どうしよう~

そんな事を考えながら、
アンコールトムに約15分くらいで到着。

バイヨン寺院といえば、
そこ彼処に、デンデンと顔がある写真を教科書で見た記憶が・・・。

南大門をくぐって中に入って行きます。


     22_005_convert_20080423202124.jpg


蛇で綱引きする伝説があるらしく
その彫像や彫刻があちらこちらにありました。


     624866807_45_convert_20080417192056.jpg


寺院の中に入ったら、あったあった


    624866807_124_convert_20080417192115.jpg
 
    
あっちにもこっちにも顔、顔、顔


     22_008_convert_20080423202228.jpg

この顔は、菩薩様らしいです。

      021_convert_20080417205228.jpg

寺院の柱や壁に、様々なレリーフが彫られています。

     22_010_convert_20080423202720.jpg


たくさんの観光客がいるし、ツアーで時間を急かされるから
落ち着いて見られなかったのが残念
思ったより、こじんまりした寺院でした。


バイヨン寺院から歩いて、象のテラスライ王のテラスに。
このテラスは、王族達が閲兵するためのものらしいけれど、
私には、ただの台にしか思えなかった。

     624866807_8_convert_20080417192036.jpg


一応テラスの壁面には、象や阿修羅のレリーフがあります。

     22_042_convert_20080423202905.jpg
         

寺院と違って影がないせいか、日差しが強くて
気力が無くなってたからか、あまりこの辺の記憶がありません

     22_012_convert_20080423202455.jpg


クラ~っときて、このまま立ってたら倒れるぅ~
と思った矢先に観光が終わってバスに。
助かったぁー

これからランチ、初めてのカンボジア料理
日本人向けのお店らしく、日本人ツアー客ばかりだった。

そのせいかわからなけど、タイ料理が駄目な私でも
平気で食べられるものでした。
カレーもココナッツで甘口の味付け。
     
22_009_convert_20080423202301.jpg


ココナッツ入りのカレーは
好きでなかったのに無事クリア。
そして、どのお料理にもパクチーも入ってなかった

でも、デザートのパンプキンプリンはイマイチ

     22_015_convert_20080423202643.jpg


アヒルの卵で作るらしいけれど、みんなビミョーと言ってました。


お昼の後は、2時間半くらいホテルで休憩です
私はシャワーを浴びて
お部屋で顔にシートパックをしたり、
むくみキュアを履いてダラダラすることに。


仕事から離れて昼間っからダラダラするのは、すっごくいい
ストレス解消ーー




関連記事

カテゴリ: ホーチミン&アンコールワット 2007

テーマ: 世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル: 旅行

[edit]

ホーチミンとアンコールワット 女一人旅 その3 

ホーチミン二日目。
まずは、ホテル内で朝食。


正直ガッカリです。
パンも野菜も果物も種類が少なく、フォーはあったみたいですが・・・
こんなことなら、外で食べれば良かった


午前中から食器を求めて街をブラブラ。

     22_001_convert_20080423201648.jpg


街中には、行商人がたくさん 


         016_(7)_convert_20080421215656.jpg


19世紀末に建てられた聖母マリア教会 

     005_convert_20080417201440.jpg
    
   
ついでに、中央郵便局に寄ってみました


        003_convert_20080417201752.jpg
 
郵便局は19世紀のフランス統治時代の建物で、
内部の天井は、ガラス張りのアーチになっていて
ノスタルジックで、とってもステキ


       609193053_6_convert_20080416195705.jpg


木製のカウンターに置いてある糊の容器が
白と紺の陶器で、それがまたいい感じ
糊を塗るための木で出来た筆が、糊に刺さっていました。



食器はピンとくるものがなく、
喉が渇いたし疲れたしで、
コンチネンタルホテルの「ラ・ドルチェ・ヴィータ・バー」でお茶することに


     609193053_34_convert_20080416195957.jpg


オープンエアで風をそよそよと感じながら


     016_(9)_convert_20080421215719.jpg


ストロベリージュースを前にボケーーーーー。
このゆったりした時間の流れが 心地いい



ちょっとスーパーにと、また立ち寄った「国営百貨店」
そういえば、上のほうには行っていなかった。
上がってみたら、観光客向けに食器などが結構あるではないか

やっとそこで気に入った食器を発見
たくさん買えば安くすると言うので、
お茶器のセットに小皿等幾つか選んで
電卓を叩きながら値段交渉 。

35%以上は、値切りました
荷物は重くなったけど、けっこう満足です。



お腹が空いてきたので
ドンコイ近くの「gold fish」というお店へ。


         016_(14)_convert_20080417202151.jpg

空芯菜のにんにく炒め・揚げ春巻き・蓮茶を注文


     016_(13)_convert_20080417202618.jpg

日本では空芯菜は季節外れなので、
この時期たくさん食べられて、ホントにうれしい。


     016_(12)_convert_20080417202705.jpg

こちらのお店では、店名の金魚のモチーフが
テーブルクロスや食器に使われていてカワイイです

     
ただこのお店、頼んだ私のメニューが悪かったのか、あまり美味しくなかったです。


のんびり食事をした後、
昨日注文したバッグを受け取りに行き


     016_(2)_convert_20080417202517.jpg


そして出発までの時間調整に
近くの「ラ・フネ・ソレ」というカフェへ。 この2階です


     609193053_231_convert_20080416200230.jpg

ここは、オーナーの方(日本人らしい)のセンスが溢れてて
とても女性らしいインテリア
窓から優しい光が入ってきて癒されマス

アイスミルクのベトナムコーヒーを注文。


     016_convert_20080421215848.jpg

美味しい   練乳の甘さがたまりませ~ん

最後のホーチミンの時間を
ここでもボサーーーーーっと過ごしました。


空港へは、ピックアップの手配をして
旅行会社の方に連れて行ってもらいました 


ホーチミンの空港は新しく、とってもキレイです。

     016_(3)_convert_20080417202830.jpg


 ーーーーーーーーーー

ホーチミンからシェムリアップまで、飛行機で1時間。
初のカンボジア。 空港も独特です。


     020_convert_20080421220217.jpg

近いのに、とお~い国に来た気分。
夜でも、ホーチミンより暑いっ、そして湿気ムンムン。

明日からは、100%観光に切り替えです
むくみキュアを履き、シートパックをして、
ほうじ茶を入れて、早めに就寝です




関連記事

カテゴリ: ホーチミン&アンコールワット 2007

テーマ: 海外旅行 - ジャンル: 旅行

[edit]

ホーチミンとアンコールワット 女一人旅 その2 

ハイランドコーヒーを後にして、
国営百貨店内のスーパー(2階か3階?)で
ミネラルウォーターやコーヒー豆、職場内ばら撒き用のお土産を購入。

こちらのスーパーでは、荷物が多い場合は横脇にあるカウンターで
荷物を預けてからでないと入れて貰えません。
このカウンターのおばさん、とっても無愛想で
一瞬「ここは中国か?」と思ってしまいました。

お土産のオススメは ベトナムコーヒーの豆と
ベトナム式のコーヒーフィルター。

お菓子では「Esprezzo」のvanilla coffee candyという
コーヒー味のキャンディーです。この飴は普通に美味しいです


もう夜の8時過ぎ、でもお腹が空かないので
ドンコイ通りに移動しました


     604418299_42_convert_20080417192011.jpg
     
途中の市民劇場 
フランス統治時代の美しい建物です。


「Tombo」 というお店で、友達に頼まれたバッグを購入
だんだん腕がもげそうになってきました。


途中、アオザイを着た小さな女の子
ネイルとかフットマッサージをしないかと声をかけられ、
いつもは怪しんで敬遠するのだけれど、
大丈夫そうだったので、付いて行ってみることに。。。

マッサージ屋さんは、ドンコイ通りのお土産屋さんの2階。
お店に入ると、欧米人の観光客が一人、地元の人が一人
すでにマッサージを受けていました

ゴマージュとパラフィンパック、フットと肩のマッサージで
US$10のコースを選択。

ジャスミン茶を飲みながらの施術で、
45分間 なかなか気持ち良かったです


マッサージを終えて、お腹が空いてきたので
パクソンデパート内(4階だったかな?)のフードコートにある
「PHO24」 というフォーのチェーン店で、鶏肉のフォーを注文。
     
     604418299_25_convert_20080408203042.jpg

クチコミ通り、なかなか美味しかったです
というより、今まで食べた中で一番美味しかったです。


そして、ボラれないという
黄色いVINAタクシーを選んでホテルに戻りました。

タクシーは、流しで簡単に捕まえられます。
VINAは車体が黄色で夜でも目立ちますので、オススメです


10時半ごろホテルに戻ってシャワーを浴びることにしました。

     016_(5)_convert_20080421213605.jpg


怪しげなバスタブでしょう

ホテルのシャワーは、水に近いぬるま湯で(時間帯が悪かったかも)
しかも、お風呂あがりにくつろいでいたら、
突然真っ暗に

こんなのが二回続きました。
5分間の停電(お部屋だけで、廊下は点いてた)でしたが、
一人だったし、最初は結構ビビリました。

手探りで携帯を探し、液晶の光を頼りに窓のカーテンを開け
街明かりで凌いでいました

フロントに電話をしたら
「今チェックしてるから」ブチンって切られてしまいました。

前回のホテルは「ルネッサンス リバーサイド ホテル サイゴン」で5つ星、
今回は「オーラックホテル」で2つ星。

差は歴然でしたけど、これも旅の醍醐味。。
今となっては、いい思い出です
でも、もう一度泊まりたいとは思わないです




関連記事

カテゴリ: ホーチミン&アンコールワット 2007

テーマ: 海外旅行記 - ジャンル: 旅行

[edit]

ホーチミンとアンコールワット 女一人旅 その1 

2007年10月上旬
成田空港からベトナム航空でホーチミンへ

空港⇔ホテル間は ピックアップを頼んでいるので、
正確には一人旅じゃなくて、一人で旅です。

夕方、ホテルに到着。
今回のホテルは、オーラックホテルというホテルです。
中国領事館の近くにありました。

     001_convert_20080421213630.jpg


二度目だし、一人だし、一泊だけなので、気ままに動くことに。


     604418299_23_convert_20080416200211.jpg


夕方ホテルを出て

     22_039_convert_20080423201840.jpg


まずは バスター通りの「La bella」 というお店へ。
ここの内装は、とってもステキです

     603114732_134_convert_20080407210124.jpg

     
お洋服や小物、バッグにサンダル・・・色々ありますが、
私はバッグとサンダルを購入。

今回は買わなかったけれど、
室内用のスリッパが、とっても可愛いのでオススメです



次は、隣の 「ipa-nima」 へ。
大好きなipa-nima。。。とっても楽しみにしていました。

内装がピンクでキラキラで、まさに女の子のためのお店
ここでは、友達の彼女用(頼まれた)と自分用に、バッグを二つ購入しました。



お店を出たら、ものすごいドシャ降り

     22_040_convert_20080428002829.jpg
   

雨宿りを兼ねて、斜め前にある 「ZAKKA」 というお店に飛び込みました。

興味は全くなかったけれど、お店の人に色々と勧められたら
気がちっちゃい私は断りきれず
バッグをオーダーすることになってしまいました。

シルクの生地を選び、刺繍の図案を決め、
さらに刺繍糸の色、ストラップの長さやバッグの形など
細かく注文が出来て意外と楽しめました



雨が止んだので、 「国営百貨店」 へ移動
途中、レックスホテルの食器を買おうと思い
ホテルに立ち寄ったものの、ほとんど在庫がなくて残念でした。

     603114732_128_convert_20080407211134.jpg


さすがに歩き疲れたので、
百貨店内の 「ハイランドコーヒー」 でひと休み。

噂どおり、とっても美味しいカフェラテ
日本に進出しないかなぁ~と思いつつ
1時間ぼーーーっと座ってました。

        
     22_convert_20080428003643.jpg


よろしければ
今日も一押しお願いします

関連記事

カテゴリ: ホーチミン&アンコールワット 2007

テーマ: 女ひとり旅★ - ジャンル: 旅行

[edit]

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント