10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

ホーチミンとアンコールワット 女一人旅 その11 

ホテルでだらだらするのも勿体無いので、「何しようー?」と思って外に出たら
ツアーで一緒だった方達と会い、一緒に行動させて頂くことに。


ますはトゥクトゥクに乗り、キリングフィールドへ。
読んで字のごとく、ポルポト政権時代の処刑場です。

ここに足を踏み入れた途端、すごくゾーっとしました。
まったく霊感はないんですけどね・・

慰霊塔は、ガラス張りのところから、たくさんの遺骨を見ることが出来ます。

ここでは、カメラを構えるものの、
シャッターを押す気がしなくて撮っていません。

カンボジアの悲しい歴史を感じることが出来ました


あまり長居をする所でもなかったので、
学校のための寄付をした後、戦争博物館へ。


22_022_convert_20080510195732_convert_20080510200021.jpg   22_020_convert_20080510195929_convert_20080510200037.jpg

                               地雷注意の看板


博物館といっても、戦車や地雷などが野ざらしに置いてあるだけで、
元兵士の方がいろいろと説明してくれます。
ここでは、地雷撤去などの寄付をしました。


その後はバーストリートに戻り、軽く食事をした後、
ホテルで荷物を受け取り、お迎えのバスに乗って空港へ
この辺は、時間がなくバタバタしてて、写真を撮り損ねました。

     22_031_convert_20080503204728.jpg

空港への国道ですが、こんな感じで寂しいです。


シェムリアップの空港のチェックインは、すっごく時間がかかります。
余裕を持って行かれることを、オススメします
私は1時間近く待たされました


ーーーーーーーーーーーー


ホーチミン経由で帰国

     22_023_convert_20080510195847.jpg


ホーチミン空港のカフェ

     22_convert_20080608133756.jpg

グラスがお洒落です


シェムリアップは、思った以上に治安もよく
「完全一人旅でも良かったかなー」と、今では思います。

街はとっても小さいので、フリーは半日もあれば十分でした。

ガイドを付けないと危ない所にある遺跡もあるようですが、
私が行った範囲は、常識のある行動をする限り
女性一人でも大丈夫のようです




スポンサーサイト

カテゴリ: ホーチミン&アンコールワット 2007

テーマ: カンボジア - ジャンル: 旅行

[edit]

ホーチミンとアンコールワット 女一人旅 その10 

シェムリアップの街は小さくて、見るものも買うものもなく
出発までどうしよう?と思いながら、
とりあえずは、郵便局へトゥクトゥクで移動

     22_017_convert_20080510193741.jpg


郵便局は、川沿いの美しく整備された静かな所にあり、
近くには国王の別荘もあります

     22_026_convert_20080510193812.jpg


郵便局は、ドアも窓も開けっぱなし。エアコンもなし。
カウンターの上には、山積みの切手がありました。

局員が送り先に見合う金額の切手を、
山積みの中から探し出してくれるので、その中から好きな絵柄を選べます。

結構キレイな切手で、たくさんの種類があり、お友達からも好評でした


そして、郵便局で待ってて貰ったトゥクトゥクでホテルに戻りました。

とりあえずシャワーを浴びて、お茶とおせんべいを食べてのんびり。。
さて午後は何しよう





カテゴリ: ホーチミン&アンコールワット 2007

テーマ: 海外旅行 - ジャンル: 旅行

[edit]

ホーチミンとアンコールワット 女一人旅 その9 

遺跡歩きの時には、感じられなかった直射日光で
思考回路がどんどん鈍くなってきました。

      22_015_convert_20080510193636.jpg



暑くてたまらないので
バーストリートにあるブルーパンプキンというカフェで
バナナとバニラアイスのシェイクを頼み (お値段は日本と変わりないです)

     22_025_convert_20080510195710.jpg


2階のエアコンが効いたところで絵葉書を書いて
外の景色を眺めながら、ボーーーーー。

涼しいところで、動く鋭気を養います。



せっかくカンボジアに来たのだから、何か買いたいと思い
再び、オールドマーケットへ。

     22_014_convert_20080510193605.jpg


しかーし、オールドマーケットで買いたい物が見つからない。
バーストリートの観光客向けのお店は、
どれもこれも日本と値段が変わらず。。。

結局、カンボジア産の胡椒を買いました。
これだけは、高くても買いたかった
カンボジア産の胡椒は世界一らしく、風味がとっても良いらしいんです


ただ、市場で山盛りに置いてある胡椒は
カビが生えていたりすることもあるので、買わないほうがいいそうです。
清潔にパッケージされた、観光客向けのをオススメします





カテゴリ: ホーチミン&アンコールワット 2007

テーマ: 海外旅行 - ジャンル: 旅行

[edit]

ホーチミンとアンコールワット 女一人旅 その8 

今日は最終日、夕方までフリーです。
朝は、のんびり起きて朝食

     22_003_convert_20080503204701.jpg


朝食のお部屋の前に、プールがあります

私が泊まったホテルは、サリナホテルという
格安ツアーでよく使われるホテル。

私の部屋は本館で、古いほうです。
新館は床がタイルのようですね。

     22_002_convert_20080503204629.jpg


ミネラルウォーターを毎日置いてくれるので、
念には念をで、歯磨きはそれでしました。
本当は、歯磨き程度では問題ないんですけど・・・。



さて、友達に絵葉書を買って送らねば・・・

トゥクトゥクに乗っても良かったけれど、
歩いてオールドマーケットへ行ってみることに。


中途半端な舗装道路・・・ガタガタの道を歩いていきます

     22_019_convert_20080510193708.jpg


ぶらぶらと絵葉書を探すも
ばら売りは見つからず、結局10枚セットを購入。

暑くてたまらないので、エアコンが効いたお店で
じっくり選ぶフリをして、涼んでいました。






カテゴリ: ホーチミン&アンコールワット 2007

テーマ: 海外旅行 - ジャンル: 旅行

[edit]

ホーチミンとアンコールワット 女一人旅 その7 

午後は再び観光
まずは、タ・プロームという遺跡へ


木が、遺跡に張り付いていることで有名な遺跡です。

     22_067_convert_20080503205228.jpg


写真で見ると、木がタコみたいで気持ち悪いーーー
と思っていたので、まったく期待せず。。



ところが、ところが、とっても良かった

     22_065_convert_20080503205437.jpg


いい具合に、苔むしてて

     22_066_convert_20080503205532.jpg


日本人の侘び寂び心をくすぐります



その後は、プレ・ループプリア・カンといった遺跡を回ったのだけれど、


   22_006_convert_20080509205334.jpg    22_003_convert_20080510102158.jpg

                      たぶん、プリア・カン 


正直、どれもこれも似たり寄ったりで


22_005_convert_20080510102837.jpg   22_009_convert_20080510102733.jpg

                          セクスィー なお尻 


写真を見ても、どれがどれだか・・・



ツアーは終了したので、町の中心のバーストリート
ホテルからトゥクトゥクで向かいます。

風に吹かれて、とっても気持ちがいい
ツアーで一緒だった女性と二人で乗って、1ドルで行けました。

     22_011_convert_20080510103620.jpg


バーストリートは観光客が沢山いて、とっても賑やか。


22_024_convert_20080510193058.jpg


沢山のレストランやバーが並んでいて、生演奏などが楽しめます。





カテゴリ: ホーチミン&アンコールワット 2007

テーマ: 海外旅行記 - ジャンル: 旅行

[edit]

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント